2006年09月18日

水牛車

で集落をのーんびりと周りましたよ 

DSCF1851.JPG

十数頭の水牛君がいる中でbaraco達のために

頑張ってくれたのは”まさかい君”でした

この島発祥の歌 「安里屋[あさどや]ユンタ

を案内役のお兄さんが歌ってくれたりして楽しかったよーるんるん

サ〜ユイユイ


短いけどこちらもどーぞー左斜め下











posted by baraco at 09:52| 東京 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 美らうみ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

竹富島の赤レンガ

やっといい天気晴れになりました

4日目はフェリーで10分の竹富島を訪れました

DSCF1857.JPG

赤レンガの家々に舗装されていない白い砂の道

そこはテレビや写真などで見た以上に美しかった

この島はもともと隆起サンゴで出来ていて

白砂はサンゴが細かくなってものらしいです

民家の石垣はサンゴをただ積み上げているだけのもの

積み上げ方によっては何年もその状態を保っていられるそうです

そんな集落は国の重要伝統保存地区に指定されています




上の写真は島の観光地の1つなごみの塔より撮影しましたカメラ

DSCF1865.JPGこの塔、高くて、狭くて

階段が急なので

高所恐怖症の方は上らない方が良いかも

脂さんはダメふらふらだったみたいです


posted by baraco at 09:36| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 美らうみ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西表島

3日目は石垣からフェリーで45分の所にある西表島へ行きました

あのイリオモテヤマネコで有名な島です

ここへはbaracoがやりたかった

トレッキングで滝めぐりをメインに訪れたので

脂さんはあまりノリ気ではなかったみたい

フェリーを降りてバスで内浦川のボート乗り場へ行き

そこからボートで川上を目指します

DSCF1774.JPG

この内浦川もマングローブが生息しています

ボートに乗っているだけでもすごく楽しめましたが

降りてからが本番

トレッキング開始!!

雨でぬかるむ泥の道を進んでいきます

DSCF1780.JPG

蒸し暑い亜熱帯のジャングルの様な森の中を行くこと45分

滝の轟音と共にマリユドゥの滝が姿を現しました

DSCF1784.JPG

残念ながら滝壺付近へは事故多発の為

降りられなかったのですが

展望台から眺めることが出来ました

次の滝へと移動しようとしたその時

突然スコールが振り出しそこで雨宿りするはめに

小降りになってきたので再出発です

ここからが長かったー

とにかく暑くて不快指数100%超えてました

カンピレーの滝に到着した時はもうヘトヘト

DSCF1787.JPG

脂さんもニコチン切れでちょっとイライラモード

baracoもそれにイライラモード

二人で仲良く昼食といきたかったのですが

若干険悪なムード漂う中でのランチタイムとなってしまいました

残念

ゆっくりする間もなく帰りのボート乗り場まで戻りました

靴もズボンもドロドロ

汗もベトベト

こんなの全然嫌いじゃないbaraco

それに対して2度と来たくないと断言した脂さん

もう誘わないのでご安心を!


posted by baraco at 00:44| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 美らうみ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。